卒論発表会が来週の火曜日にある。
卒論発表会ってのは、どんな卒論書いたかを説明して発表し、それに対して下級生や先生方がコメントをするというもの。この日の晩は追いコンになっている。去年私もやりました。ガチガチに緊張したよ。院試の時よりも緊張してたかもしれない。

今年は発表する4年生の方がコメントをする3年生より多くて(5倍近く)、コメントする人間が足りないという事態になっている。そこで苦肉の策(?)として、院生が担ぎ出されたわけだ。当初そのつもりじゃなかったので、非常に困惑している。それに追い打ちをかけるように「院生だからそれなりのコメントしなきゃねぇ」という先生のプレッシャー。

はぁ。
なんだかなぁ…。

もう一人の院生(先輩)と割り振って、どの卒論を読むかを決めた。…5人分。一人4万字くらいあるから計20万字近く。しかも先輩は体調を崩しやすい方なので、もしかすると当日来られない可能性もある。ということは一応先輩担当の分も読んでいた方がいいかもしれない。となると…10人分?そのくらいか?

今日までに何とか6人分は読み終えた。それぞれ個性的で、面白い内容のものもあれば逆にもうちょっとデータ等が欲しいなぁというものもあった。
去年の私の卒論読んだ先輩方や先生方はどう思ったかなぁ。気になる。

残りはこの連休中に読もうと思う。で、火曜日に備える、と。
火曜日は追いコンなんで、連中とじっくり語りながら飲みたいと思います。